草取り×SDGsサービス

玄関周りの目立つ所は企業の顔です

草とり業務を単なる経費で処理せず、CSR活動や今話題のSDGsとしてもご利用いただけるプラン。
月々わずか2万円から。

手堅い仕上がり 。この3つをあわせた面積規模で月々2万円 コースです 。

なぜ草取りがCSR活動になるのか

約10年前から舩越造園が取り組んできた障がい者就労支援活動が「やさしい草とりサービス」と「やさしいお墓参りサービス」です。北海道から鹿児島まで、日本全国の障がい者作業所と提携し、日々彼らに対して仕事を発注する事によって「社会の一員である事の喜びと自信」「適正な報酬」を得てもらっています。つまり、このサービスを利用する事は障がい者の就労支援活動であり、それはすなわち社会貢献活動になるのです。

SDGsとしての取り組み

開発アジェンダ節目の年となる2015年9月25日~27日、ニューヨーク国連本部において、「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。

アジェンダは、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標をかかげました。

この目標が、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標であるSustainable Development Goals(SDGs)」です。